« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ねこ好き必見!!しゃべるねこ&歌うねこ

どっちもかわいいでしょ~~私も娘も主人もこの動画、繰り返し観てしまうんです・・・ねこが一番人間の感情に近い情のある動物なんですって。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ペットボトルはリサイクルしちゃいけない!?

ペットボトルの年間消費量はここ10年で3倍以上に急増!!

今まで律儀にラベルをはがし、ペットボトルの中を洗って、乾かして、しっかり分別してゴミ出ししていたのに・・・自分はちゃんとルールを守って模範生!!と自負していたのに・・・ある意味、目からウロコです。

以下は中部大学の武田邦彦教授のお話から抜粋させていただきます。

●ペットボトルが増えた背景

95年頃に「容器包装リサイクル法」の施行がありました。「容器包装リサイクル法」とはペットボトルやびん、缶などを自治体が分別回収して事業者がリサイクルすることを義務づけた法律です。飲料メーカーはこの法律を受けて、それまで自主規制していた500mlのペットボトル飲料の販売を「リサイクルするからいい」とばかりに解禁しました。それに比例して分別回収されるペットボトルの量も急増し、05年には30万tになりました。

●分別回収されたペットボトルの行方

30万tのう3万t、1割だけが、樹脂原料にリサイクル。たったの1割です・・・!!

残り9割は、中国など海外に輸出、またはサーマル・リサイクル(ゴミ焼却時に発生する熱を回収して温水プール用の電力などに再利用するリサイクル)になります。

●リサイクルはコストがかかる!

ペットボトルを可燃ゴミといっしょに捨てて焼却処分した場合のコストは1.8円

分別回収してから焼却処分した場合は、人件費や輸送費等(26円)が加算されて27.8円に!!

●では、どうすべきか?

結論は、ペットボトルはリサイクルせずに可燃ゴミと一緒に燃やせばいい!!

ダイオキシンの心配は無用。現在全国で使われている高温の焼却炉なら問題はありません。水分が多くて燃えにくい可燃ゴミは、わざわざ灯油をかけて焼却しているケースもあるほどで、それに比べたらペットボトルを燃やすほうがコスト面からも資源保護の観点からもずっと効率的です。

リサイクル費用の大部分は税金で賄われています。ペットボトルはリサイクルされやすい素材だから大量に買って大量に捨てても、もったいなくないといったイメージを捨てることです。

本当に環境のことを考えるのなら、他人の目を気にせず、堂々と可燃ゴミで出しましょう。

とはいえ、この事実を知らない人ばかりで、逆にルール違反、マナー違反している!と思われそう・・・トホホ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マクロビオティック食第三弾!

Cimg0522_2 今晩のマクロビオティック献立は

しらす・梅・しそ・ごまの雑穀ごはん

しじみの味噌汁(赤だし)

ふきの煮物

ひじきの煮つけ

高野豆腐の含め煮

きゅうりの浅漬け 麦茶でした。

この季節、しらすと梅、しそ、ごまのごはんは取り合わせ最高です!梅はたたき、しそは千切りに、醤油とポン酢をまぜてごはんにかけます。食欲がないときでも梅の酸味としその香りでどんどん、食が進みます。それに何といっても簡単で栄養抜群!

高野豆腐は娘の大好物なので、常に作りおきしています。

主人には、肉野菜炒めがつきました。やはり、物足りないと文句・・・でも、めげずに続けていきますよぉ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トトロの癒し 男鹿和雄さんの魅力

Cimg0509_2私も娘も「となりのトトロ」が大好きで、もう何十回とDVDで楽しみました。家にもトトロのぬいぐるみやグッズが溢れかえっていて、まさにアニメで初めて癒しを与えてもらった最初の作品といっていいと思います。

去る7月28日、関東では日本テレビで「トトロの森を描いた人 ジブリで発見 残したい日本の原風景」という番組で、ジブリの絵職人 男鹿和雄さんを紹介していました。トトロのほかにも、「ハウルの魔法の庭」や「シシ神の森」も描いていらっしゃいます。ジブリ作品の癒しのもとは、男鹿さんだったんですね。ほんとに実在している場所をその場に行って、描いているから、よりリアルで心に響くんだと思います。吉永小百合さんのナレーションも素晴らしかったです。8月25日(土)、17:30~18:30 CS日本で再放送されますので、ご覧になっていない方は是非、ご覧になってはいかがでしょうか。

9月30日まで、東京都現代美術館で男鹿さんの美術展が開催されています。是非、行ってみたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、人気の「ねこ鍋」動画です。

大きさがちょうどいいんでしょうねぇ~ 猫が癒しを運んできてくれます・・・ 暑さも忘れさせてくれるほのぼの映像です。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プチマクロビオティック定食

今晩もプチマクロ定食作りました!

今晩の献立は

  • ごま塩をふりかけた発芽十六雑穀米味噌汁(白菜、人参、エリンギ、長ネギ)
  • 高野豆腐の含め煮
  • 冷奴
  • おから(前日作ったのきんぴらごぼう、昆布、筍を入れました)
  • 縞ほっけの開き(大根おろし添え)
  • 大根の皮の漬物(塩でもんだだけです)           
  • 麦茶                           でした。

主人には、この他にナスと豚バラ肉のXO醤炒めが加わりました。やはり完全なマクロビオティックは主人がいるとキビシイです。それに脂っこいものは満腹感があるし、やっぱりビールのつまみに合います!でも、めげずに、プチマクロ続けていきますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快眠愛用品

ずっと愛用しているラベンダーポプリアイピロー

もう10年以上使っていますが、香りもそのままで、快眠へと誘ってくれるアイピローです。

オーガニックコットン(無農薬綿)でできているし、ファスナーがついているので、汚れたら中のポプリをだして、お洗濯もでき、とっても健康的かつ衛生的です。娘のオモチャになったりもしますが、車酔い防止にも効果があり、とても重宝しています。20代の頃、退社のおり、送別会でいただいた物なので、どこのメーカーのものかわかりません。冷蔵庫で冷やすと逆に、お目覚めにも効果あります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットタオルで目を温める

わたしもブログを始めてはや1ヶ月がたちました。みなさんも同じかと思いますが、パソコンに向かい合っていると、肩が凝ったり、目が疲れたり、腰が痛くなったりしませんか?

そして毎日、熱帯夜が続いて寝苦しいですが、みなさん、ぐっすり眠れてますか?

快眠のために、疲労で緊張している体、酷使している目、それをリラックスさせるもっとも簡単な方法は、”ホットタオルを当てる”ことです。

47℃くらいの熱めのお湯にタオルを入れてしぼります。(ラベンダーなどの精油を2~3滴入れるとさらにリラックス効果あり)。

ふとんに入ってからタオルを目に当てて、冷める前にはずします。(5分くらい)        

※タオルの生地はやや厚めがいいと思います。

※濡れたタオルを置くトレイなどを枕元に用意したほうがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイアン フェスティバルに行ってきました。

大好きなHilo Kume(ヒロ クメ)さんのアート購入しました。

家の近くの百貨店の催事場で昨日からハワイアン フェスティバルが始まりまして、すごく楽しみにしてましたので、早速行ってまいりました。

もともとハワイアンキルトやハワイアンサウンド、アートが好きで、癒し=ハワイとさえ思うくらいです。会場には、ハワイアンキルトグッズ、タオル、ポーチなどの小物入れ、Tシャツ、アクセサリやレイ、バック、傘、ウクレレ、マラサダやチョコレート、ナッツ、コーヒー豆、アート、カレンダー、DVDなど盛りだくさんの商品が並んでいました。フラダンスショーもあり、もっとゆっくり見たかったんですが、娘が会場の隣のスヌーピーショップに行きたいとダダをこね大泣きされ、結局、15分位で、帰らされるハメになりました。

少しの時間でしたが、とても楽しかったですし、癒されました。欲を言えば、子供も楽しめるように、ディズニーのスティッチのぬいぐるみでもあったらなぁと思いました。

なんてハワイのこと語っている私ですが、実はまだハワイには行ったことがないんです。。。あ~行ってみたいぃ・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

心地よい音楽と猫で癒されます。

ストレスをいちばん手軽に身近に解消できる方法は、何と言っても音楽ですよね。

私が今、いちばん気に入っているのが「にゃんこTHE CLASSIC」というDVDです。猫、めちゃ、可愛いし、癒されます。私はもともと猫が大好きで、このDVDの最初に出てくる、キジ猫が実家で飼っている猫にそっくりで母と娘と私の3人で、ニコニコ顔で観ています。クラシックとそれぞれの場面の猫が、また絶妙にマッチしていて、これを観ていると幸せな気分になれます。クラシックもメジャーな曲ばかりで、全くのクラシック初心者でも、聴いたことがある曲ばかりです。

日々の疲れを癒すには、あまり、音楽家の感情がはいっていない曲のほうがおすすめです。メロディが軽やかで美しい曲を日常的に取り入れるとホントいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »