« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

エコ・ドライブ

洞爺湖サミットが控えてるということ京都議定書の約束期間がいよいよスタートするということで、ここ1ヶ月位の間、急にマスコミで地球温暖化や環境問題が頻繁にとりあげられてますねぇ~

でも、私が高校生位(二十数年前)の頃でも、このままいったら温暖化や人口増加による食料問題で将来地球は危機的な状態になると警告を発している本やテレビ番組はありましたよぉ。今更遅いよぉ~と思いながら、でも何もしないわけにはいかない、ということで、

原油高騰にちなみ エコ・ドライブを勉強!しています。

これは簡単です。「ふんわりアクセル」「アイドリングストップ」これだけ・・・

「ふんわりアクセル」とは

普通の発進より少し緩やかに発進します。

つま先ではなく足全体を乗せる感じでゆっくりアクセルペダルを踏み込み、回転数を抑える感じでスタートします。車間距離に余裕を持って定速走行が基本、加減速が多いとその分燃費も悪くなるので、停止する際は早めのアクセルオフ。エンジンブレーキをうまく使って停止

「アイドリングストップ」

もちろん長く止まることが予測できる場合のみお勧め。

最近は乗合バスでも運転手さんが必ずこの「アイドリングストップ」をしていますよ。

でも私みたいに運転がヘタなドライバーは慣れないと発進が遅れ、後ろのドライバーからクレームクラクション攻撃に合いそう・・・

ゴー&ストップの多い都市部での運転では、燃料消費全体の約4割を発進時に

2割を停止時に消費しているんですって。このエコドライブをすることによって

約3割の燃料消費を削減できるといわれているそうです。確かに埼玉に越してきて、車の燃費が著しく悪くなりましたね。(我が家の自家用車はフィットです)

この「ふんわりアクセル」「アイドリングストップ」を意識するだけでも相当な効果が期待できるそうです。まぁ、近場の用はなるべく徒歩、自転車で済ませるようにしていますよ。けど、こう寒いとねぇ~

地球規模で考えると、ほんとにものすご~く小さなことなんですけど、自分なりに他にもできることないかなぁ~~

| | コメント (9) | トラックバック (0)

カラーセラピー

マンガ家の楳図かずお氏が赤と白を基調にした住宅建設で近隣トラブルに巻き込まれています。私個人的には、まぁ、騒音と比べたらその位はいいんじゃないかと思いますが、町の景観をそこなうという観点からしたら、少々問題なのでしょう。

色は人の心や身体の状態を変える力をもっていますもんね。

美輪明宏氏が開運のためには、赤やピンクなどの明るい色の下着がいいと言ってましたが、ホンとかな~と半信半疑でしたが、先日ある新聞で黒い下着は老化を促進してしまうという記事を読みました。なんでも、青いトマトの上に黒い布をかぶせると、シワシワに干からびたという実験結果があるそうです。下着は女性の2大ホルモン分泌カラーであるピンクとラベンダーがお勧めだそうですよ。私が出産した病院もそういえば壁やふとんカバーがピンクでしたね。

ピンクはイライラを解消してくれるそうです。アメリカの刑務所では壁を桜色のピンクにしたところ、暴力的や攻撃的な行為が激減したらしいです。

緑は心身のバランスをとり生命力をわき起こしてくれるほか、毒やウィルスを殺し、血圧を下げたり、リラックスや寝不足にも効果があるそうです。ロンドンのテムズ川にあるブラック・フライア・ブリッジは自殺の名所だったらしいですが、橋の色を黒から緑に変えると、自殺者が3分の1に減少したといいます。

黄緑は細胞を若々しくし、心と身体を癒す効果があります。ベージュやパステルカラーも癒し癒し効果があるとライトトーナスという実験で科学的に証明されているそうです。

白は身体に有益なエネルギーを取り入れてくれる色で、バスタオルやタオルはやはり白がいいらしいです。

最近もっぱら娘のママ友と話題になるのは、ランドセルの色とデザインの豊富さ。

一番人気はブルーなんですって。もちろん淡くてかわいいパステル調のブルーです。で、次がベージュ。これはどの服にも無難に合わせられるっていうのが理由。

ちなみに娘はオレンジがいいらしいのですが、カラーセラピーでいうとオレンジは最も筋肉が緊張する色なんですって。パワーとやる気の象徴みたいでいいと思ってましたが・・・

色の効能はいちおう頭に入れておいて、あまり厳格にならず、やっぱり、そのときどきで気になる色を楽しみながら取り入れていきたいと、私的には思いますね。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

パソコン故障に思う・・・

今年に入り、私のパソコンが故障し、先週はついに主人のパソコンまでまるで連鎖反応のごとく故障してしまいました。症状は私のそれとまったく同じ、ハードディスクの異常のようです。主人のはまだ、3年位しかたっていなくて見た目は新品同様なのに。

で、壊れたパソコンの前に使っていた、すご~く古いパソコンを引っ張り出しまして、使っています。これがソニーのVAIOのB5サイズの出始めの頃のものでpentiumⅢでwindows2000なんでメチャ遅くて、カチャカチャいってなかなかインターネットつながらないし、もうイライラもんで。購入した後に、電機量販店のパソコン担当になぜ、こんなに画面がフリーズしたりインターネットがつながらないのかその当時聞いたら、このシリーズはみんな不良品に近いものばかりなんでしかたないと言われ、唖然としてしまいました。

自分で修理できればいいけど、それもできない。パソコンは故障するところが決まっていて、そこを簡単に交換できるような設計にするのはそれほど難しくないと思うんですけど。

結局、メーカーは「故障した」と言うと「新しいものの方が安いですよ」と勧めるような、修理代と新品の価格体系を作っているんですね。「修理するなら買ってもらう」という考え・・・メーカーにしてみたらまぁ当然なのかなぁ。

「我が社の製品は故障が少なく長持ちします。修理も簡単です。」なんていうキャッチコピーのパソコンが出ても不思議じゃないと思うけど・・・

電機量販店に行くと、パソコンの新機種、携帯の新機種、液晶テレビやブルーレイ、その他たくさんの購買意欲をそそる新製品が溢れんばかり。結局さして必要でもないのに、見ると欲しくなる。まだ使えるのに、新しいものに買い換える。ものにとりつかれてしまうと抑えがきかなくなって、もっと多くを欲してしまいます。

先進国なのにフランスにはコンビニもないし自動販売機もないらしいですよ。でもリサイクル代もかからないし、ゴミもでないし結局シンプルですごくいいと思う。子供の体操服も規定のものはなく、動きやすいものであれば何でもいいんですって。あるもので最大限利用するってのも見習いたいです。

結局、人間が大量消費や温暖化を逃れる方法は、自分の関心が物から心へと変わること、一つのものを愛用品として長く使うことなんじゃないかなぁ~って思いました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

新年早々・・・

皆様、新年あけましておめでとうございます。

とは、言うものの、新年早々に私のパソコンが立ち上がらなくなり、故障して再起不能になりました。ノートで6年たつのでもう限界かも・・・名簿やらたくさんのデータがバックアップをとっていなかったので、全てパアになりました。リカバリーもハードディスクの故障なのでできません。ショック・・・

で、今は主人のパソコンで1日30分という条件尽きで借りて、更新しています。なんせ人にパソコンを触られるのがイヤみたいで融通がききません。夫婦なのにね。。。

パソコンを買うお金もないので、今年はパートで仕事をはじめようかと思っています。

あ~宝くじでも当たらないかなぁ~

というわけで皆様、本年もよろしくお願いいたしまぁす!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »