« 作品展 | トップページ | 気管支炎あ~つらい・・・ »

太陽光発電

一昨日のニュースステーションで太陽光発電の特集をしていました。

私も数年前、太陽光発電についていろいろと調べた時期がありました。それは太陽の光から電気ができるなんて不思議!と思ったから。でも、理系が苦手なんで、「電気」と聞いただけでアレルギーをおこしてしまうんですが、原理はともかく

太陽光発電システムとは、次のようなことでした。

太陽光で発電した電気と電力会社からの二つの電気で家庭の電気を使い分けるというもので、昼間は太陽光から得た電気を優先して使い、余った分を電力会社に売り(売電)、逆に夜間、電気が足りなくなると電力会社から買います(買電)。システムを導入すると売電メーターと買電メーターが設置されるってこともびっくり。

さらにオール電化契約にすると余剰電力の買取の際、高く買ってもらえるそうです。これにIHクッキングヒーターやエコキュート(コンプレッサを使った熱交換機によってお湯を温める)を導入するとさらにエネルギー自給自足を目指せるとのこと。

効率のいい家では、3万円程の電気代が太陽光発電によって1万円強になるらしい。。。発電システムの月々のローンが2万円程度だから電気代は若干の持ち出しで済むみたいです。自治体によってはまだ補助金を受けられるところもあるみたいで、導入するだけで光熱費が得になる場合もあるらしいですね。(もちろん、家族の人数やライフスタイルによっても変わってきますが。)

さすが、環境先進国ドイツは買電単価の約4倍で売れるとあって、ものすごい普及率らしいです。

日本はというと、10年前は600万もしたこの太陽光発電も今は200~300万に下がりましたが、10年前300万出た補助金も今は打ち切られ、この時期、導入するにはチト、中途半端かなという気がするのも事実・・・国も真剣な具体策を打ち出さないし・・・

個人の意識もまだまだ低いですよね。

経済メリットは度外視して、単に地球温暖化防止に少しでも役立ちたい、CO2削減に貢献したいという「想い」を行動にうつせる先進的なパイオニアは残念ながら日本にはまだまだ少ない気がします。

ベンツに乗るよりも太陽光発電を付けるほうがステータスがあるという時代が早く到来してほしいなぁ~

|

« 作品展 | トップページ | 気管支炎あ~つらい・・・ »

地球環境」カテゴリの記事

コメント

私は先日、風力発電の記事を
書いたので
太陽光発電にも興味があります
難しい事はわかりませんが
エコエネルギーがもっと
発展して手ごろな価格に
なると皆飛びつくでしょうね!

投稿: せいパパ | 2008年3月 6日 (木) 07時55分

せいパパさんへ

風車のまわる風景って、なんかのどかでいいですね。
でも、いろいろ調べてみると、
風力発電は必要な機材を製作、管理維持するのに多くの化石燃料を必要とするらしいのです。また、発電量自体が少なく、効率もよくないため参入する企業も少ないのが現状のようですね。

太陽光も風力も値段的にも技術的にも、格段に効率がよくなる日があと何年かでくることを期待したいです。

投稿: お園 | 2008年3月 6日 (木) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/432221/10941440

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電:

» ソーラーパネル太陽発電情報の杜 [ソーラーパネル太陽発電情報の杜]
ソーラーパネルを使った太陽光熱発電システムでエコライフ [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 17時25分

» ソーラーパネルで進化する省エネ [ソーラーパネルで進化する省エネ]
ソーラーパネルより太陽光発電という言葉の方が省エネ全体を表していますが、シャープや京セラも進化しているようです。余裕ならソーラーパネルとエコキュートも考えたい方にも見て欲しい情報を掲載中です。 [続きを読む]

受信: 2008年3月18日 (火) 16時19分

« 作品展 | トップページ | 気管支炎あ~つらい・・・ »