自己啓発

そうじ力

主婦として、最近、心掛けていることはそうじです。でも、そうじは嫌いです。面倒ですし、汚れを発見した段階で、いやになってしまします。

そんな中、最近、買った本で「そうじ力」という本があります。これは、目からウロコでした。掃除が好きとか嫌いにかかわらず、そうじをせずにはいられなくなりました。

成功している会社やトップは、必ず、店舗や店内がキレイに行き届いているという法則があるというのです。逆にトップの心が汚いと会社にもマイナスの心が表れて汚いんですって。

雪印乳業・・・週一回の洗浄が義務だったバルブを、3週間そうじしていなかった。

ライブドア・・・受付はキレイに見えたが、オフィス内部は乱雑だった。

そごう・ダイエー・・・店舗の閉鎖前は店内がとても汚れていた。

これは個人でも同じで、汚い部屋は自分自身だというのです。でも、確かに当てはまるみたい。で、どうするかと言うと、

まず、部屋を客観的に見つめる→事実を受け入れる→部屋のマイナスエネルギーを追い出すんだそうです。

「マイナスを取り除くそうじ力」

①換気・・・カビ、ゴミ、汚れ、不要物自体がマイナスエネルギーなので、外に出し、新鮮な空気と交換する。

②捨てる・・・「こんな自分になりたい」という未来の自分に不必要なものを捨てる。

③汚れ取り・・・人間関係や金銭問題、男女問題に汚れ取りは効果がある。トイレをキレイにすると収入が増えたり、支出が抑えられたり。。。

④整理整頓・・・管理能力が備わり、目的意識ができる。リーダーの資質を身につける訓練になる。

⑤炒り塩・・・場を清める力がある。部屋の湿り気といっしょに、残ったマイナスエネルギーを取り除く。炒り塩は何でも絶大な効果があるらしいです。

その次に「プラスを引き寄せるそうじ力」が大事で

場所を決めたら、キレイな布で感謝の気持ちと明確なビジョンを持ってプラスエネルギーを打ち込んでいくようにそうじすると、プラススパイラスを起こす「磁場」を作り上げていくというのです

実践して、まだ1ヶ月ですが、まず自分自身の気持ちがスッキリしていいことと、習慣化してしまうと、掃除がそうおっくうでもなくなってきました。もう少し続けて皆さんに、そうじ力の成果をご報告できたらと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)